十人十色

この世に生きている人、ひとりひとりが、天からの贈り物です。
お母さんやお父さんを選んで生まれてきました。
それぞれに個性を持っています。皆違っていていいのです。

私にはハンデのある子がいます。
彼女を通していろんな世界を見て、
様々な縁をいただきました。

純粋な心の持つ可能性を広げたい...。
そんな思いで「すぴん」を開所するに至りました。
皆大切な存在であることを基本に、
携わる人々の心温かく、笑顔の花が咲くような
事業所を目指し、お手伝いさせていただきたいと思っております。

一般社団法人ぎふと 代表 盛武さゆり

紡ぐ

すぴん=SPINは「紡ぐ」「自転」という意味があります。自分で動ける力をつけ可能性を広げたいという思いが込められています。
人が人を知るって、とっても大それたこと、本当に難しいと思うんです。 でも、わかってあげたい。いいところをいっぱい見つけてあげたい。 「すぴん」のメンバーさんには、日常のちょっとしたこと、いっぱいその人の良いところを見つけてあげたいと思っています。
十人十色。いつも新しいことにチャレンジしたいと考えています。

携わる人々の心が温かく、笑顔の花が咲くように、みんな大切な存在であることを基本に考える事業所でありたいと思っています。